英語も喋れないけど勢いで海外に旅に出てみた美容師のブログ

血液型『相性、診断、テスト』A型が几帳面なのは日本だけな簡単な理由

time 2017/06/13

 

最近洗濯機を回す度に雨が降ります。日ごろの行いでしょうか?

こんにちわ、さとろん(@satoron01)です。

あなたは自分の血液型って知ってますか?

もちろん知ってますよね。

小さいころから聞いてるのか、健康診断で知ったのか、献血して知ったのか様々かもしれませんが、血液型の話題って多いですよね。

そしてその自分の血液型に、ちなんだ自分の性格もわかりますか??

sponsored link

血液型占い

血液型で占い、テスト、相性、結構多いですよね。

A型だったら几帳面、B型だったら自己中。
O型だったら大雑把、AB型だったら…A型男性とB型女性の相性はよくて…B型男性とO型女性はあんまりで…なんていろんな占いがありますが、

あるあるって感じですよね。

なんとなく当たってるような気もして、それに血液型の話題って絶えないですよね。

相性なんかだと気になるあの人と自分はどうなんだろうかー、なんて誰かの助言がほしくなることだってあります。

ただ血液型で決めるな!4つのグループで決めつけるのもって気もしますが、この血液型診断、信じてるのって日本人だけなんですよね。

むしろ診断や占いどころか血液型不明って人、海外には結構います。

最初は衝撃でしたが、興味がない人が多いんです。

仲良くなり始めた外国の友達なんかに聞くとわかんないっていう方たまに居ます(結構)、というか血液型なんて聞いてどうするんだ、みたいに言われます。

知らなかったら事故にあった時に輸血はどうするんだとか、話に大体なりますが、その時に調べればいいだろって大体言われて終わります。

ただこの血液型占い、日本ではかなり有名なこともあって性格だったり、話題作りの一環として、話すこともありますよね。

でもそのせいで、日本で血液型の話題が多いから血液型を調べたっていう外国の友達もいました。

実際、日本はなんでこんなに血液型占いが好きなんでしょうか?

平均的な日本人の血液型

因みに日本人の血液型の割合知ってますか?
国によっては割合も様々です。

ちなみに日本はA型が最も多いといわれていますよね、その割合なんと約38パーセント

意外と少ない。。。と思ったのは僕だけでしょうか。

四割と考えても半分近くはA型なわけです。

あぁー日本人は几帳面だからA型が多いんだなーなんて思っていたこともありました。

でも世界平均で見るとA型が多い、とは限らないですね。

血液型占いの裏側

日本の血液型割合

A        38%
O        30%
B        22%
AB     10%

やはりA型が多いものの四割弱、それに次ぐのがO型、そしてB、ABと続きます。

周りを見渡せば全部の血液型の人を集めるのなんて簡単そうですよね。職場や学校、家族、いろんな血液型の人がいます。

ABはちょっと少ないですが。

こういったちょうどいい割合もあり、島国という土地柄、集落文化で協調思考、同じ民族同士だと似たり寄ったりなので何かを比べたがるし、グループ分けもしたくなるものです。

そういった時代背景や文化があるからこれだけ血液型占いが流行ったのかもしれません。

以前に群集心理の記事も書きましたが、

群集心理:日本人は『みなさん』に弱い?周りの反応を気にする原因

赤信号、みんなでわたれば怖くない。

じゃないですが、やはり日本人はどこかのグループに属していたいもの。

「私もO型だから、考え方が一緒」「あっ同じだねー、O型はおおらかだからねー」なんて同感願望や集団帰属欲求の高さ故ですね。

でも確かにどこかに属していないと不安になる気持ちもわかります。

それに簡単に血液型で片付けられることも多々、「O型だから大雑把なんだよ、あいつ」「O型だから…」なんて。

なんだかそれが妙に納得してしまうところもあり、今現在ではそこまで血液型って感じではないですが、個人的にはばっちり世代だったので、そういうイメージが付いてしまっているのかもしれません。

自分の説明書。という本がやはりこぞって読んで照らし合わせていたの覚えてます。

また、毎日のように朝から血液型占いだったりどの時間でもテレビで血液型検証なんてしていれば、実際それがほんとがどうか(やらせかいなか)ではなく、結果O型が雑なことをすればO型が雑っていうイメージだけが刷り込まれていくようなものですね。

ある意味催眠や思い込みに近い部分があると思います。

そしてみんなが血液型の性格をなんとなく知っているという話題性、大体血液型の話ってよくなります。

が、性格なんて人それぞれ。十人十色です、そんな性格が4つのグループに分かれるわけないと思いつつ、なんだか当てはまるなーなんてことよくありますよね。

占いにしかりそうですが、僕は個人的には信じていません。

なにか当てはまりそうなこと言ってるだけなんだろうなぁーなんて思ってしまいます。

「大切なものをなくしましたね。」

「忘れられないことがありますね。」

とか、これは単純ですが、誰にでもどこか引っかかること、誰にでも当てはまりそうなことで錯覚する。

この自分だけに当てはめて錯誤してしまう現象を「バーナム効果」というらしいです。

この血液型占いも、この延長にあるんじゃないかな、なんて思います。

それに人間すべてが血液型の4タイプで性格がわかれば苦労はしないですが、それがわかった気分になるのもなんとも言えないですよね、にわかみたいで、、、

人気アーティストのアルバムでは流行りの曲だけ聞いて、そのアーティストを知ってる風になるのと同じですね。

世界(国、地域、民族)の血液型

日本人で一番多かったのは、A型。でも世界には他にもA型が多い国、O型が多い国等様々です。

果たして、O型が多い(国、地域、民族)の性格は大雑把なのか!!
いってみましょう。

A型が多い国(民族、地域)

 

■ブラックフット(北米インディアン)
A・・・82%
O・・・17%
B・・・0%
AB・・・1%

 

北米のインディアン、アメリカの先住民達は全体の八割以上がA型なんです。
日本人以上に几帳面で生真面目なのか気になるところです。

 

■ラップランド(スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・ロシア)

A・・・63%
O・・・29%
B・・・4%
AB・・・4%
スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・ロシアからなる4国をまたいだ地域の方々、有名なのがサンタクロースの住んでる場所とされている地域ですね。
ここもA型が半分以上の63%。
煙突から入るサンタさんは几帳面なんでしょうか?

■ハワイ
A・・・61%
O・・・37%
B・・・2%
AB・・・1%

みんな大好き南国のハワイもA型が多いみたいです。
気候によらず、真面目な人が多いのかもしれません。

■スイス
A・・・50%
O・・・40%
B・・・7%
AB・・・3%

大自然と芸術の国というイメージですが、ここも半分はA型が多いんです。
クララもA型?

O型が多い国(民族、地域)

■ボロロ(ブラジル )
O・・・100%
A・・・0%
B・・・0%
AB・・・0%

聞いたこともない民族かもしれませんが、ボロロというのはマトグロッソ地帯北部に居住するラテンアメリカインディアンの一民族です。

なんと驚異のO型100%。みんなO型です。もう雑すぎてやばいどころじゃないです。それが普通なんですから。

■ペルー(インディヘナ)
O・・・100%
A・・・0%
B・・・0%
AB・・・0%

続いてペルー先住民、公式にはカンペシーノの方々もO型100%。さっきまでの半分以上が、とかが嘘みたいですね。

■ションペン(ニコバル諸島)
O・・・100%
A・・・0%
B・・・0%
AB・・・0%

ションペンという民族、ちなみにベンガル湾に浮かぶ22の島々からなる諸島がニコバル諸島です。
ざっくりいうとタイの西側です。ここも100%O型。

■アボリジニ(オーストラリア)

O・・・61%
A・・・39%
B・・・0%
AB・・・0%

オーストラリアの先住民もO型が多いです。
とはいえ先ほどの100%まではいかないにしても半分以上。
おおらかな人が多いんでしょうか。

B型が多い国(民族、地域)

■カルムイク(西モンゴル)
B・・・41%
O・・・26%
A・・・23%
AB・・・11%

カルムイクという民族はB型が一番多いみたいです。
B型になると全体的にも数が少なくなってきて半分以上というところが少ないです。

■ブリヤート(南シベリア)
B・・・38%
O・・・33%
A・・・21%
AB・・・8%

こちらも38パーセント、日本のA型と同じくらいの比率でB型がいることになります。

AB型が多い国(民族、地域)

■アイヌ(日本)
A・・・32%
B・・・32%
AB・・・18%
O・・・17%

そしてAB型となると世界的に見ても珍しいs血液型の一つで半分以上なんていません。

その中でも多いのが日本のアイヌ民族。なんと三割がAB型です。

まとめ

世界を見てみてもいろんな血液型バランスがあるみたいです、日本のように丁度よく4:3:2:1にわかれてないところがたくさんあります。

そうなると当然偏りが出るためそういった血液型占いや診断なんてできないことが歴然ですよね、そもそもできないなら興味もなくなります。

仮にこの血液型診断の結果が科学的に証明されていれば、みんな調べにいくと思います。

しかし、血液型の研究もされてはいますが、年十年も未だに科学的な根拠はなにもないんです。

血液型ステレオタイプなんて言われますが、これだけの人数がいれば多種多様なのも当然、当てはまらないことも多々ありますが、何型だからどうとか、そういわれたからその性格に引っ張られる、ということもあるみたいです。

また、海外では血液型よりも星座が主流、日本の血液型のように何座だったらなんとか~とかよく言います。

余談ですが、因みに僕は、おとめ座。おとめ座は『Picky(ピッキー)』らしいです。

『PICK(選ぶ)』から来ており選りすぐりするってことですね、理想が高いとも言えます。

また悪い意味だと単純にわがままというニュアンスも、あれもやだこれもやだーなんて言ってると、You are picky.なんていわちゃいます。

血液型で言えることは日本人はグループ化してみんなにラベルをつけたがり、自分からその性格に寄せていってるということと、誰しも決して血で性格は決まらないということです。

それに、あいつはB型だからとかこれだからO型はなぁーなんていうのもブラハラ(Bloodtype Harassment)、なんてことにもなりかねませんよ。

また今回言いたかったことは、O型は決して雑ではない、である。

sponsored link

down

コメントする




ブログ関連

美容師

サイト運営者:さとろん

こんにちわ。さとろんです。
福岡出身、東京の美容専門学校を卒業後都内のサロン勤務、26歳の時、初海外でワーキングホリデーでオーストラリアへ、その後ドイツへ、現地で美容師として経験を積み帰国後美容師を辞めて旅へでる。
現在旅から帰還し美容とは全く関係ない仕事をしつつ、フリーの美容師として活躍中、少しでも経験が誰かの役に立てばと思いブログを運営しています。

スポンサードリンク

スポンサー(広告)

スポンサー(広告)



sponsored link