英語も喋れないけど勢いで海外に旅に出てみた美容師のブログ

他国からしたら日本人なのか韓国人なのか中国人なのか区別がつかない話

time 2017/04/22

みなさんは他の国の人に間違われたことありますか??

おそらく国を間違われると、えっ自分って日本人っぽくないのかな?なんて思いますよね。


でもだからといって日本人っぽくないからなんなんだって感じもしますが、あまり気分がよくないです。

日本に住んでる分には日本人以外いわれることはないと思いますが、国外に旅行中だったり住んでると特に間違われたりする機会も増えると思います。

アジア人を見分ける違いとかあるとは思いますがなかなか言葉にすると難しいですよね。

違いといえばこんな感じでしょうか??

顔立ちの違い

・目の大きさ、瞼、骨格の違い

ファッションの違い
・各国のファッション雑誌とかを見るとなんとなくどこの国っぽいなーなんてわかる気もします。

化粧の違い
・アイラインの引き方だったりチークの入れ方だったりこれもなんとなくかもしれないですけど…

髪型の違い
・これ本当に思います、あっ中国人っぽいなとか韓国人っぽいなとか、国も変われば流行ってるものも変わりますしね。

 

とまぁ違いを上げていけばどんどん出てきそうですけど正直自分たちが同じアジア人だからこそわかる違いな部分もありますが、そもそも見分ける必要があるのかといった疑問も出てきます。

見た目で判断するのもいかがなものかと思います。

人種が違えば欧米系の白人系、アフリカ系の黒人系の国の違いなんて日本人からしたら判断できないと思います。

ただ間違われていい気はしないのであんまり僕はそういったデリケートな部分は触れないようにしています。
触れないというのは聞かないのではなくて断言はしないということです。(アメリカ人っぽいとかフランス人っぽいとかってことです)

以前に中国人に間違われ『ニーハオ』と言われたり、オーストラリアに住んでる時に韓国人の韓国語で道聞かれたり、一人で歩いてるとすれ違いざまに『あれが日本人だぞ、顔立ちがそうだ』と言われたり(ひそひそ声で)英語がわからないと思ったんでしょうか。

ちなみにそのワーホリの話

貯金ないので10万でオーストラリアにワーホリにいった話

英語初心者が実際にワーホリに行ったら英語力はどれくらい上がったのかの話

どれもいい気分ではありません。正直区別が付かないのだから決めつけるなと思ってしまいますが、

先日水曜日のダウンタウンですごいことやってました。

同じアフリカ人ならどこの国かわかるか説
同じヨーロッパ人ならどこの国かわかるか説

どちらもなんとも言えない気持ちになってしまいました。

ただ国民性だったりここの国はこうっぽいっていうのはあるとは思いますが、すこし複雑な気持ちです。

他国の人からすれば日本人はおとなしいだとか意見を言わないだとか目が細いだとか言われますが、全体的なイメージで決めつけるのは人種差別の始まりなのかと思い初めてきました。

郷に入れば郷に従え

という言葉もあるとおりそこの習慣に従うこともわかります、中国の航空会社に乗った時にCAに終始『ニーハオ』と中国語で話しかけられましたがそれも仕方ないことなんだと思います。

同じアジア人として何人っぽいとか気にしてたらきりがないですが、言葉をしゃべる上では自分のいる国をリスペクトしてそこの言葉では話したいものです。

外国人をみたら『ハロー』って英語で話しかけるっていうのもおかしな話で母国語じゃないから失礼にあたるとか。

確かに中国以外の外国で自分がニーハオっていわれたら『えっ??』ってなるのと一緒で、英語圏じゃない人からしたら同じ気持ちだってことなんでしょうね。

郷に入れば郷に従え、じゃないですけどそこの国の言葉で話すのが一番ですね、って言っても難しいですけど。

そんな話でした。

スポンサードリンク



sponsored link

コメント

down

コメントする




ブログ関連

美容師

サイト運営者:さとろん

こんにちわ。さとろんです。
福岡出身、東京の美容専門学校を卒業後都内のサロン勤務、26歳の時、初海外でワーキングホリデーでオーストラリアへ、その後ドイツへ、現地で美容師として経験を積み帰国後美容師を辞めて旅へでる。
現在旅から帰還し美容とは全く関係ない仕事をしつつ、フリーの美容師として活躍中、少しでも経験が誰かの役に立てばと思いブログを運営しています。

スポンサードリンク

スポンサー(広告)

スポンサー(広告)



sponsored link