英語も喋れないけど勢いで海外に旅に出てみた美容師のブログ

【祝】タイ国際航空のロイヤルファーストクラスに乗ってみた。価格は10倍

time 2017/05/08

庶民の味方、格安旅行大好きさとろんです、今回は完全自己満記事です。

普段は格安格安といいLCCを乗りこなし、滞在費も安めでコスパだとかいってる僕もついにファーストクラスに乗るときがやってきました。

紆余曲折を経てまさか万年エコノミーだった僕がファーストクラスなんて…

それではどうぞ。

sponsored link

タイ国際航空

出典:タイ国際航空

以前にタイにいった時に乗ることができました、まれに一人旅をしていると無料アップグレード(席の関係でビジネスになったりだとか)というのがあったりもして、ほぼエコノミー愛用者(笑)のこの僕がなんと今回はファーストクラス、もう受付から違います。

専用受付でのスムーズな搭乗手続き、並ぶ必要なんてないです。ぬるっと終わります。

搭乗券ゲットです。シート1A1Aです!!

一番ですよ。ファーストの中でも一番前!!もう大興奮です。

出典:タイ国際航空

おそらく1Aというのはこの赤いところの一番前ってことですよね。

いつも席番は30Dとか45Cとかなのでは翼の後ろらへんでしかも窓際ではないという、、、

なので黄色のところの機体の内側なんだろーなーと、、、なんだかむなしいです。

乗った航空会社はタイ国際航空で、この航空会社のファーストクラスはロイヤルファーストクラスというみたいです

ロイヤルファーストラウンジ

というわけでロイヤルファーストラウンジというラウンジ、ロイヤルって言葉が好きなんでしょうね。

そして現地でお金を使いたい派の人は(僕もそうですが)LCCを使います。

もちろん格安航空券ですとラウンジなんてないですから、なるべく搭乗口に近いところのベンチでひたすら暇つぶしながら搭乗待ちなのですが、このロイヤルラウンジ、普通のラウンジなんか比じゃないくらいすごいです。

ただラウンジの場所が遠いです。。。長い廊下をひたすらまっすぐ…

しかしその道のりもカートで送り迎え、ファーストクラスオーナーには歩かせないというサービス。

そしてラウンジの出口のすぐそこは搭乗口という便利さ、ファーストクラスのラウンジ場所がもうロイヤルです。もうこの時はもうロイヤルに染まってます。

やってきましたタイロイヤルファーストラウンジ、受付で手続きを済ませぐいぐい進みます、このラウンジ内のめちゃくちゃ広いです。
この部屋なんと個室です。大体10畳くらいありそうな広々空間。そしてメニューの写真とるの忘れてました。様々なメニューから選べます。
タイでは屋台食がほとんどだったので、ここの料理が一番おいしく感じました。味も外国人に合わせた感じって伝わりますか、香辛料も控えめな感じでちょっと物足りなさは感じますが、おいしいです。そして食事を済ませ、搭乗時間になるといつも行列なのですが、ファーストクラスです、そんなのは必要ありません、一番に案内してもらえます。出典:タイ国際航空

こんな快適すぎるシートだなんて、すごすぎますよね、窓何個分だよって話です。

そりゃエコノミーの何倍も値段しますよね、時期にもよりますが、この時はエコノミーの10倍くらい。

そりゃサービスが違います。

機内食も豪華すぎます。シャンパンやらステーキやらワインも高級だったり、エコノミーはあのCAさんが持ってきてくれるワゴンの中からっていうのに…というわけでラウンジでもうすでにお腹いっぱいで気持ちよくなりそのまま離陸です。ファーストクラスなんて乗る機会があればぜひまた乗りたいですね。

旅が好きなので飛行機はよく乗るのですが、やはり数時間かもしれませんが、移動手段が違うだけでこんなに充実感が違うのかとという自己満記事でした。

真逆の格安航空券はコチラがおすすめ

格安海外旅行の航空券はSkyscanner(スカイスキャナー)がおすすめ

海外旅行におすすめ!!絶対いれておきたいアプリ6選

格安旅行:都心から成田空港に900円で行く方法

sponsored link

down

コメントする




ブログ関連

美容師

サイト運営者:さとろん

こんにちわ。さとろんです。
福岡出身、東京の美容専門学校を卒業後都内のサロン勤務、26歳の時、初海外でワーキングホリデーでオーストラリアへ、その後ドイツへ、現地で美容師として経験を積み帰国後美容師を辞めて旅へでる。
現在旅から帰還し美容とは全く関係ない仕事をしつつ、フリーの美容師として活躍中、少しでも経験が誰かの役に立てばと思いブログを運営しています。

スポンサードリンク

スポンサー(広告)

スポンサー(広告)



sponsored link